各VPSの設定

WebArena VPS:SuiteProのログイン/設定/使い方

更新日

初めに

このページはWebArena VPS:SuiteProの登録・設定方法の解説ページです。
WebArena VPS:SuiteProの特徴をまず把握したい方は「WebArena VPS:SuiteProの特徴・料金・性能解説」をご参照下さい。

アカウントの登録

まずはアカウントの登録から。

公式サイト
https://web.arena.ne.jp/suitepro/
から指示に従ってアカウントを作成

書類を書いて郵送で申し込む必要がある。
そしたらメールアドレスにログイン情報が送られてくる。

コンパネへのログイン

メールアドレスに載っている情報からログイン情報をダウンロードし

その情報を入力して
https://pro4.arena.ne.jp/
からログイン

OSのアップデート

2019/11現在OSはCentOS6で初期設定されるので、サーバータブをクリックして、OSをより新しいのでインストールし直す。
インストールし直しは暫く時間がかかる。

インストールが終わったら起動ボタンを押してサーバーを起動します。

sshログイン等が出来る様に設定

最初はブラウザーのWeb Consoleからしかログインできません。
Web Consoleを立ち上げると、初期パスワード設定が求められるので、そのrootユーザーのパスワードを設定します。

そこから、ひとまず外部からsshログインできる様に、

vi /etc/hosts.deny

して、sshd:ALLとある行をコメントアウトします。

#sshd:ALL

そうすると

ssh -l root $IP

で、その時セットしたパスワードでログインできる様になります。

更なるOSのアップデート

コンパネからインストールされているのは、2019/11現在CentOS7.1なので、もっとアップデートする為に

yum upate;

をします。

但し、kernelがアップデートされない設定になっており、そのままでは中途半端なアップデートになってしまうので

vi /etc/yum.conf

をしてexclude=kern*とある行をコメントアウトしてから行います。

#exclude=kern*

yum updateが終わったら、kernelの更新はサーバーを再起動しないと適用されないので

shutdown -r now;

と叩いて、再起動します。



サーバーを立ち上げてからの設定

サーバーを立ち上げてからの設定はどのVPSでも大体共通なので以下の記事をご参照下さい。