VPS

WebArena VPSクラウドの料金/特徴/評判/性能

はじめに

このページはWebArena VPSクラウドの特徴・機能・料金について解説をしています。
WebArena VPSクラウドの設定方法については「WebArena VPSクラウドの登録・設定方法の解説」をご参照下さい。

WebArena VPSクラウドの公式情報

  1. 公式サイト
  2. 利用者向け管理画面(ゾーン1 / ゾーン2)

WebArena VPSクラウドの特徴

回線が速くて太いNTT系のWebArenaのVPS系3ブランドの1つ。

3ブランドを比べると大まかに

  1. WebArena Indigo [解説]
    時間課金で試し易い上に、月額最安プランはLinux/Windows共に全プランで最安で売切れ多発中。最後発な分クラウド系機能は拡充中(例:複数台LAN内接続未対応)
  2. WebArena VPSクラウド [解説]
    月額課金で、CPU性能に対する価格等コスパ最高志向
  3. WebArena SuitePro [解説]
    月額課金で、フェイルオーバー常時用意SLA100%の絶対落ちない系サーバー志向。Windowsにも対応
という特徴がある。

WebArena VPSクラウドは、コスパも性能も良いのだが、後から出てきた時間課金制でよりクラウド方向を志向したWebArena Indigoの方に宣伝を切り替え集中している。
LAN接続が出来る等、クラウド機能面やCPUのコスパ等ではWebArena VPSクラウドの方がまだ上回っているが、力の入れ方としても今後はIndigoの方に注力していきそうな雰囲気が感じられるので、Indigoが更に進化し始める時期には要注意。

契約時の注意

重要判断ポイント: 契約時にゾーン1かゾーン2を選ばないといけない

なお、契約した後、契約者パネルの契約したVPS契約詳細画面の一番下から、制限緩和申請で
「ゾーン○も使えるようにして下さい」
と緩和申請を送ることで、別のゾーンも同時に使えるようになるが、それはそれで対応を待たなければいけない&消費ポイントはゾーン1とゾーン2では共有できないので注意。

ロードバランサー・ファイアウォール・イメージクローンといったクラウドの要件を満たしている事に加え、回線の太さに特徴がある。
500Mbps以上のプランは自社の他ブランドWebArena SuitePROWebArena Indigoを除き、他にはない特徴なので、回線速度が欲しければ、検討優先度が上がる。
プランによってVPSとして利用できる機能に差があるので、価格だけではなく、利用できる機能の差にも注意して選ぶように。

2020/05現在

クローン生成 CPU4コア
ポート監視 CPU3コア以上&KVM方式
無停止バックアップ CPU4コア&KVM方式
OpenVZは停止の上で可
ロードバランサー CPU3コア以上
ローカルネットワーク CPU3コア以上&KVM方式

尚、コスパが良いというのはあるが、売切れになる事は結構ある。
2019/11時点では全プラン売切れという始末。
幾らコスパが良くても新規インスタンスを立ち上げられないのは辛いので安定供給が望まれるが、WebArena Indigoの方に注力する事をもし考えているのなら、そこは期待薄かもしれない。

WebArena VPSの料金とプラン一覧(税込)

主となるKVM/SSDタイプをリストしています。

WebArena VPSクラウドの評判・口コミ

CPUの価格対性能や、ロードバランサー機能等で、まだ後発のWebArena Indigoを上回っている点はありますが、WebArenaのプロモーションの仕方や、OSヘの対応速度等をかんがえると、明らかにWebArenaとしての将来はIndigoの方に置かれているのは、ユーザーの方も感じるようになってきていると思います。
新規の申込もIndigoの方がほとんどになってきていると思われるので。

複数のVPSプランを等しく注力していくことは、NTTグループのWebArenaとはいえども無理だと思うので、WebArena VPSクラウドの方が優れている面があっても、無理です。
将来性を考えるのなら、今例えWebArena VPSクラウドに劣る部分もあるにせよ、
WebArena Indigo [解説]
の方を選ぶ事をお勧めします。

特徴一覧

Object StorageはWasabiと連携する形でWebArena経由で提供(WebArena経由だと東京DCでWasabiを使える)

WebArena VPSクラウドのベンチマーク(Unixbench)結果


WebArena VPSクラウドの設定方法

WebArena VPSクラウドの設定方法については別ページを用意させて頂いているので、そちらをご参照下さい。

VPSニュース
2021/12/2 KAGOYA VPS[解説]が大容量プラン追加。Disk単価200-800GBで最安に
2021/11/29 お名前.com[解説]のSSD化/新コンパネ情報を解説とベンチマーク結果に反映
2021/10/11 1ドル113円台まで円が下落してる為、為替手数料等も考え1ドル115円で海外発VPS/クラウド価格を計算し直しました [更に読む]