各VPSの特徴

WebArena Indigoの料金/特徴/評判/性能ベンチマーク

更新日

WebArena Indigoの公式情報



  1. 公式サイト
  2. APIマニュアル
  3. 利用者向け管理画面

WebArena VPS: Indigoの特徴解説

回線が速くて太いNTT系のWebArenaのVPS系3ブランドの1つで一番新しい種別。

3ブランドを比べると大まかに

  1. WebArena VPSクラウド
    月額課金で、CPU性能に対する価格等コスパ最高志向
  2. WebArena SuitePro
    月額課金で、フェイルオーバー常時用意SLA100%の絶対落ちない系サーバー志向
  3. WebArena Indigo
    時間課金で、最もクラウド志向(但し新サービスなので機能はまだ不足)。最安は1コア/1CPUで317円(税抜)とVPSで最安

という特徴がある。

IndigoではCPU4コア(メモリ4GB)以上が特別速い回線になり、それは回線速度が速い順VPS一覧でも確認出来る。
又、月額317年(税抜)の1CPU/1GB RAM/20GB SSDが、利用可能なVPSの中で月額が最安&コスパも良い&その上で時間制課金という事で、現状大変人気がある。

尚、アカウント毎に作れるインスタンスに上限数があるとの事だが、大量にアカウントを作って、大量にインスタンスを使う買い占め行為をする人が現れた為、複数アカウントを持つことに対する制限が厳しくなった(メール、電話番号、クレジットカードが合致する複数のアカウントが作れなくなった)。

但し、その後も売切れが発生する事が起きている。
コスパ・安さ的に最安プランの方が売り切れかと思いきや、高速回線が利用できる上位プランの方から売り切れが発生している。

もちろんメモリ4GB以上のプランが売切れたら、数日後にはメモリ1GB/2GBプランも売切れてしまいましたが

なので、WebArenaの中では新しいブランドですが、結構人気で売切れが発生し易いという事に注意して、利用しましょう。

従来のWebArena VPSクラウドに比べ、現状以下の様な特徴がある


従来のWebArena VPSクラウドに対して上回る点

・1円あたりメモリ量
・1円あたりSSD量
・月額課金の最低金額。これは普通に使えるVPSの中でも最安
・課金システムが時間制。従来のは月額


従来のWebArena VPSクラウドに対して下回る点

・1円あたりCPU性能
・ディスク速度
・ローカルネットワーク等、従来のプランでは提供されている各種機能でまだ提供されていないものが多い


なお、設定方法の解説ページは別に設けていますが、サーバーを立ち上げた後、最初にsshログインで使うユーザー名が、rootではなくCentOS系ではcentos、Ubuntu系ではubuntuである事には注意。

クラウド機能一覧


プラン・料金一覧(税込)

webarena indigoプラン一覧


WebArena VPS: Indigoベンチマーク(Unixbench)結果


WebArena VPS: Indigoの設定方法

WebArena VPS: Indigoの設定方法については別ページを用意させて頂いているので、そちらをご参照下さい。