VPS比較

VPS比較:1円あたりのSSD容量が多い順

データ量が多いサイトを運営する場合には、ディスク容量が必要になります。
1円当り得られるSSD容量が多ければ、費用対効果高くSSD容量を得られる事になります。

なお
– Amazon Lightsailはガンガン使い続けるとCPU性能が急低下(例:最安プランでは5%になる/詳しくはAmazon Lightsailの特徴を参照)
– Vultrの最安プランは好成績ですがIP4が使えない為、実質Webサーバー用途には使えません(詳しくはVultr VPSの特徴を参照)
ので、実質ランクとしては除外して読んだ方が良いです。

なので、本当の意味で一番月額が安いのは、現在は表では同率効率のWebArena (1CPU/メモリ1GB/SSD40GB)Conoha (2CPU/1GBメモリ/SSD50GB)プランと言えるでしょう。

また、ディスク容量は、速度が遅ければ、その分差し引いてみる必要があるので(サーバーの外部にあってネットワーク接続するタイプのディスクはSSDと言ってもネットワーク&他ユーザーの利用で速度が低下するので)、ディスク速度順VPSリストも見た上で、自分の用途に合うか見る必要があります。

SSDじゃ無くても良いよ、という場合にはSSDだけなくHDDも混ぜた混合状態でのディスク単価順VPSリストをご閲覧下さい。

※ CPUスコアはUnixベンチという指標に基づいて出されています。
※ Disk速度は1GBのファイルを生成するのにかかった秒数(小さい程速い)。

順位 提供会社 注記 ↑1円当りSSD容量(MB) 容量(GB) Disk速度 単一CPUスコア CPUスコア合計 コア数 メモリ(GB) SLA 月額費 初期費
順位 提供会社 注記 ↑1円当りSSD容量(MB) 容量(GB) Disk速度 単一CPUスコア CPUスコア合計 コア数 メモリ(GB) SLA 月額費 初期費


各種指標での主要VPSプラン比較一覧
月額費用が安い順

自分の予算枠の中でベストなVPSを選ぶには

ランキングを見る
単一CPU性能(unixbench)が高い順

一つの処理をより早く終える事が出来ます

ランキングを見る
CPU性能合計(unixbench)が高い順

より多くの処理をその一台で行うことが出来ます

ランキングを見る
1円あたりのCPU性能合計が高い順

より多くの処理を行う費用対効果が高くなります

ランキングを見る
その他ネットワーク速度順、ディスク速度順等の指標での一覧も選ぶ事ができます(トップページからお選び下さい)。