VPS比較

VPS比較:1円当りのCPU性能合計(unixbench)が高い順

1円あたりのCPU性能合計(unixbench)が高いという事は、より多くの処理をより少ない費用でCPUで行う上で費用対効果が高いという事を意味します。
また、CPUのスペック(Hz)も高いものである事が想定できるでしょう。

全般的には安価なプランの方が、トータルの性能は低くても、費用対効果は高い結果になっているので、サービスを小さく分割して組み合わせたシステムを作った方が、インフラだけをみた費用対効果は高くできるであろうと言う事が見て取れます。

※ CPUスコアはUnixベンチという指標に基づいて出されています
※ Disk速度は1GBのファイルを生成するのにかかった秒数(小さい程速い)

順位 提供会社 注記 ↑1円当りCPU合計スコア CPUスコア合計 単一CPUスコア コア数 メモリ(GB) SSD 容量(GB) Disk速度 SLA 月額費 初期費
順位 提供会社 注記 ↑1円当りCPU合計スコア CPUスコア合計 単一CPUスコア コア数 メモリ(GB) SSD 容量(GB) Disk速度 SLA 月額費 初期費


各種指標での主要VPSプラン比較一覧
月額費用が安い順

自分の予算枠の中でベストなVPSを選ぶには

ランキングを見る
単一CPU性能(unixbench)が高い順

一つの処理をより早く終える事が出来ます

ランキングを見る
CPU性能合計(unixbench)が高い順

より多くの処理をその一台で行うことが出来ます

ランキングを見る
1円あたりのCPU性能合計が高い順

より多くの処理を行う費用対効果が高くなります

ランキングを見る
その他ネットワーク速度順、ディスク速度順等の指標での一覧も選ぶ事ができます(トップページからお選び下さい)。