VPS

VPS比較:回線速度が速い順ランキング

VPSを選ぶ時回線速度が速い方が良い理由

回線速度は、とりわけ画像・動画といった配信容量が大きいサイトを提供する場合に、ユーザーに快適な配信速度を確保する為に必要になります。

Amazon.comの2006年の調査によると、
– ページ読み込み時間が0.1秒減ると売上が1%増加
– ページ読み込み時間が1秒増えると、コンバージョン数が7%減少
– ページ読み込み時間が1秒増えると、PVが11%減少
– ページ読み込み時間が1秒増えると、ユーザーの満足度が16%減少
と、ビジネスへの影響は大きいので、画像が多い等、煌びやかなページコンテンツの提供が主になり、ネットワーク回線が速度に影響するようなサイトの場合には、回線速度は重要になります。

サイトが遅ければ、ユーザーが見れるページも減りますし、直帰率も上がってしまいます。

また、GoogleがSEO要素として、Webページのロード速度も評価の1要素として取り入れるようになった為、流入数にも影響すると言う事で、

SEOによる流入数への影響 x CVR(=コンバージョンレート/購入率)への影響

という形で、掛け算的に影響が出るようになってきている為、その重要性は増しています。

VPS一覧: 回線速度が速い順

実際の回線速度はその時の状況によって異なるというのはありますが、各VPSが公表する性質のものではないので、Unixbench同様、ユーザーによる実測値で知る必要があります。

回線速度は基本プラン毎ではなくブランド毎に異なるので、回線速度がプランによって異なりえるケースを除いて、ここでは各VPSブランドをリストしています。
数値としては、サーバー側から見るとDownloadは、ユーザーからサーバーへのファイルアップロード速度になるので、サーバーからのUpload速度がユーザーのDownload速度となり、より重要になります。
なので、サーバーからのUpload速度で並び替えています。

サービスUpload最低値Upload中央値Upload最高値Download最低値Download中央値Download最高値注記
Web Arena Indigo
(1Gbps上限)
869.27 Mbit/s871.83 Mbit/s885.00 Mbit/s709.97 Mbit/s829.92 Mbit/s861.08 Mbit/s2019/11計測
Web Arena Indigo
(500Mbps上限)
675.17 Mbit/s872.01 Mbit/s892.46 Mbit/s492.17 Mbit/s492.54 Mbit/s492.71 Mbit/s2019/11計測
WebArena SuitePro682.89 Mbit/s781.35 Mbit/s888.49 Mbit/s690.06 Mbit/s707.88 Mbit/s847.26 Mbit/s2019/11計測
WebArena VPSクラウド
(2Gbps共有)
188.95 Mbit/s755.94 Mbit/s812.36 Mbit/s395.16 Mbit/s671.04 Mbit/s783.30 Mbit/s2018/10計測
WebArena VPSクラウド
(500Mbps共有)
203.58 Mbit/s741.38 Mbit/s828.45 Mbit/s464.87 Mbit/s478.82 Mbit/s480.21 Mbit/s2018/10計測
Vultr376.83 Mbit/s453.55 Mbit/s492.11 Mbit/s2557.46 Mbit/s2811.26 Mbit/s3287.23 Mbit/s2018/10計測。Tokyo DCから計測
Amazon Lightsail345.59 Mbit/s375.70 Mbit/s397.72 Mbit/s239.71 Mbit/s438.11 Mbit/s448.20 Mbit/s2018/10計測。日本DCから計測
Digital Ocean241.16 Mbit/s244.49 Mbit/s240.03 Mbit/s644.97 Mbit/s649.86 Mbit/s653.24 Mbit/s2020/12計測。シンガポールDCから計測
Linode4.98 Mbit/s187.02 Mbit/s1003.79 Mbit/s20.63 Mbit/s135.89 Mbit/s586.78 Mbit/s2018/10計測。Tokyo DCから計測
ConoHa127.08 Mbit/s134.58 Mbit/s137.25 Mbit/s106.53 Mbit/s125.58 Mbit/s126.71 Mbit/s2018/10計測
Upcloud55.97 Mbit/s133.68 Mbit/s160.38 Mbit/s443.01 Mbit/s491.12 Mbit/s496.71 Mbit/s2020/01計測。シンガポールDCから計測
WebArena Indigo(100Mbps上限)109.51 Mbit/s110.48 Mbit/s111.35 Mbit/s98.41 Mbit/s98.55 Mbit/s98.58 Mbit/s2019/11計測
WebArena(100MB共有)105.59 Mbit/s106.59 Mbit/s106.92 Mbit/s76.84 Mbit/s85.10 Mbit/s91.16 Mbit/s2018/10計測
Serversman102.15 Mbit/s105.90 Mbit/s106.91 Mbit/s78.68 Mbit/s98.01 Mbit/s98.08 Mbit/s2018/11計測
さくらのVPS94.21 Mbit/s95.29 Mbit/s95.42 Mbit/s93.29 Mbit/s95.19 Mbit/s95.89 Mbit/s2018/10計測
カゴヤ74.75 Mbit/s78.42 Mbit/s79.98 Mbit/s76.02 Mbit/s76.21 Mbit/s76.50 Mbit/s2018/10計測
サービスUpload最低値Upload中央値Upload最高値Download最低値Download中央値Download最高値注記

回線速度が特別速いNTT系(WebArena系)

全般的には、制限を受けるような事にならない限り、かなり安心出来る速度がそれぞれ出ているという事は伺えます。

超過分は課金するという事もあって海外発のVPSが全般的に回線速度では強いですが、その中で回線会社であるNTT系のWebArenaの

  1. WebArena Indigo高速回線系プラン
    CPU4コア/メモリ4GB: 500Mbps回線
    CPU6コア/メモリ8GB: 1Gbps回線
  2. WebArena VPSクラウド高速回線系プラン
    CPU4コア/メモリ4GB: 500Mbps回線
    CPU6コア/メモリ6GB: 2Gbps回線
  3. WebArena SuitePro
    全プラン: 2Gbps回線(東京DCが2Gbps/大阪DCは1Gbpsになる)

は、回線屋である事をフルに活かして流石の強さ。
回線速度が最優先ならVPS選びにおいてWebArena系の優先順位はかなり高く考える価値あります。

WebArena IndigoはCPUスコア的には低価格プランの方がコスパ良いように見えますが、回線速度迄考えるとメモリ4GB以上のプランの方がコスパ良いとも考えられ、より高額な高速回線プランの方が人気で先に売り切れてしまう事もあります。

↓売り切れが出てた時の公式ページでのお知らせ

その他VPSの分析

その上で、基本的にここがVPSによって基準が違うのですが、使いすぎると制約がかかる事があるようです。
逆に通知も無く制限をかけてくるところもあるようです。
ネットワーク回線課金が無い日本のVPSはそれはそれで嬉しい事ですが、逆にそういうこちらから見えない基準で制限をかけられるリスクが発生しうる事については注意。

逆にネットワーク利用が一定量を超えたら課金してくる海外発VPS(AWS LightsailVultrDigital OceanLinodeUpcloud)は、過剰利用には課金という事で、少なくともネットワークの使い過ぎが理由で制限がかかる事はありえないので、サービス利用の継続性という観点では意味では安心です(お財布の不安は生まれてきますが)。

試用期間中に回線速度を評価する事について注意

ちなみに、お名前.comConoHaさくらのVPSは試用期間中は内から外については速度制限がかかって相当低い数値が出ますが、それは試用期間中だけなのでご安心を。
払い込めば、その制約は解除されます。

すぐ本サービスに使うつもりならば、本申し込みをして、この制限を解除する必要があります。

例: お名前.com Q&A

【VPS(KVM)】回線速度について教えてください。

VM毎に100Mbps共有(ベストエフォート)の環境をご利用いただけます。

バックボーンにつきましては、非公開となりますのでご了承ください。なお、共有回線の
ため他のVPS環境に影響が発生するようなトラフィックの場合には、 制限をさせていた
だく場合があります。

※無料トライアル期間につきましては、ダウンロード(中から外)が5Mbpsに制限されます。