VPSとは

おすすめレンタルサーバー一覧&VPSとの違い・使い所

VPSとレンタルサーバーの違いは

VPSとレンタルサーバーの違いは、船に例えると分かり易いかと思います。

レンタルサーバー 複数の人が部屋の区切りもなく詰め込まれれ利用する船。どこまで詰め込まれるかは船の人気と船会社の判断次第。乗り合いの人がいるのだから部屋の勝手なカスタマイズは出来ない。用意された道具を使う
VPS(Virtual Private Server) 1人1部屋といった部屋の区切りを持って定数迄の人が乗る船。自分専用の部屋なので部屋のカスタマイズも自由

つまり、レンタルサーバーではCPUもメモリも無秩序に詰め込まれたユーザーが奪い合いますし、レンサバ側も詰め込めるだけ詰め込んだ方が儲かるので時間が経つに連れ速度が遅くなっていく傾向がありますが、
VPS(=Virtual Private Server)では、Privateな空間が提供され、それぞれのCPU・メモリが占有で使えるように、ユーザ毎に基本独立確保されているので、他人の利用状況によらず安定したパフォーマンスでサービスを提供できますし、その空間を自由にカスタマイズ(=ソフトの自由なインストール)が出来ます。
また利用するリソースがそれぞれ独立している為、リソースの使い過ぎてサーバーから追い出されるというリスクも、レンタルサーバーに比べて低いです。

項目として違いをまとめると以下のようになります。

値段 安い 普通
他人の利用負荷の影響 受け易い 受け辛い
目立って使い過ぎると追い出されるリスク 高い 低い
自分でサーバ設定作業をする必要 少ない 多い
ソフトインストール等の自由度 低い 高い

レンタルサーバーを使うのがお勧めされるケース

Webサイトを運用する人は、まずレンタルサーバーが安いからと言うのもありますが、

サーバー管理経験もお金もトラフィックも無い: レンタルサーバー
↓
(トラフィックが増えてきて結果的に追い出される)
↓
サーバー管理経験もある程度のお金もトラフィックもある: VPS または Public Cloud または 専用サーバー

という流れで移動する方が多いと思います。

逆に言えば、サイトの人気が出なければ、ずっとレンタルサーバーという方もいるかとは思います。

自分も最初の頃はレンタルサーバーを使っていましたが、使い過ぎて周りに迷惑をかける・かけられる・追い出されるといった事を気にしながらサーバー運用するのは面倒&サーバーを自前で管理する技量が付いてきたので、最初からVPS・Publicクラウド・専用サーバーを使うようになりました。

何れにせよ、トラフィックがどうあれ、VPSを使うには、サーバーを自分で管理する事が必要になるので、貴方が全くサーバーの事が何も分からない初心者ならレンタルサーバーの利用から始め、Linuxのコマンド等も使えるようになってきたら、VPSに移動するというのは、妥当な流れかと思います。

逆に、ちゃんとしたエンジニアとしてやっていきたいと貴方が考えているのなら、自前でWebサーバー/DBを立てて、サービスを公開出来るようになるのは必須の技術なので、勉強も兼ねて最初からVPSでやっても良いでしょう。


シェア順レンタルサーバー一覧

日本国内は以下の3つがレンタルサーバーの大部分を占めているようです。
サーバは安定性が必要=サービス継続の安定性も必要、ですので、利用者数が多い大手から選ぶのは間違えていない選択だと思います。
その3社を基本とした上で、回線・サービスレベル保証が高いという特徴のあるNTT系のサービスのいずれかの中から選べば、問題ないでしょう。
又、大手レンタルサーバーは、それぞれ管理画面の手順に従っていくだけでWordPressが使えるようになるWordPressの簡単インストール機能を提供しています。

114.18%エックスサーバー初期費用3000円
1ヶ月毎支払いで
月1000円: SSD 200GB / DB50個 / 転送量上限目安70GB/日 / WordPress:O
月2000円: SSD 300GB / DB70個 / 転送量上限目安90GB/日 / WordPress:O
月4000円: SSD 400GB / DB70個 / 転送量上限目安100GB/日 / WordPress:O
10日間無料で試せる。


レンタルサーバーにしてはの安定性等が評価されている
213.71%ロリポップ! 月100円: HDD 10GB / DB 0個 / 転送量30GB/日 / WordPress:X
月250円: HDD 50GB / DB 1個 / 転送量60GB/日 / WordPress:O
月500円: HDD 120GB / DB 30個 / 転送量100GB/日 / WordPress:O
月1000円: SSD 200GB / DB 70個 / 転送量100GB/日 / WordPress:O
月2000円: SSD 400GB / DB 100個 / 転送量100GB/日 / WordPress:O
10日間無料で試せる

競合他社のレンタルサーバーサービスを買収していくGMOのレンタルサーバーの中では一番のシェアのサービス。
自分も昔使っていたレンタルサーバーの会社はGMOに買収されました(^^;
Lolipopは安い価格のサービスが利用者を呼び込む形になっています。
312.79%さくらインターネット 月131円 / SSD10GB / 転送量40GB/日 / ドメイン20個 / WordPress:X
月524円 / SSD100GB / 転送量80GB/日 / ドメイン100個 / WordPress:O
月1571円 / SSD200GB / 転送量120GB/日 / ドメイン150個 / WordPress:O
月2619円 / SSD300GB / 転送量160GB/日 / ドメイン200個 / WordPress:O
月4714円 / SSD500GB / 転送量200GB/日 / ドメイン200個 / WordPress:O
月13200円 / SSD700GB / 転送量200GB/日 700GB / ドメイン無制限 / WordPress:O
14日間無料で試せる

自分昔も使っていたことあります。
そこからさくらのVPSに行って、そこから専用サーバー、そこからPublicクラウド・他社VPSと利用を広げていきました。
レンタルサーバーの枠を超えた時の部分の強さに特徴があるかなと思います。
??%WebARENA SuiteX転送量無制限、SLA100%という、通信会社らしい回線とサービスレベル保証の高さが特徴。
支払いは口座振替ではなく、クレジットで支払うものとする(クレジット支払いの方が月額支払い時安い&初期費用がスタンダードで0円になる)。

[年払い(スタンダードはSSD量が月払いと異なる)]
年17967円(月換算1497円) / 初期費用0円 / Web+メール1台相乗 / SSD300GB / WordPress:O
年59136円(月換算4928円) / 初期費用5500円 / Web+メール別々 / SSD450GB / WordPress:O
年118272円(月換算9856円) / 初期費用5500円 / Web+メール別々 / SSD500GB / WordPress:O

[月払い]
月3200円 / 初期費用0円 / Web+メール1台相乗 / SSD300G / WordPress:O
月4980円 / 初期費用5500円 / Web+メール別々 / SSD450GB / WordPress:O
月9960円 / 初期費用5500円 / Web+メール別々 / SSD500GB / WordPress:O
※Hosting全体でのシェアはhostadviceの2019/11/28のシェアの数値を使っています(レンタルサーバーに限らずの数値が混じっていると思われますが)。


その他関連記事

VPSと専用サーバーの違い
VPSとPublicクラウドの違い
占有型とベアメタル型と普通のVPSの違い