各VPSの設定

UpCloudの登録/設定方法

初めに

UpCloudの特徴・料金・性能の説明は別ページなので、そちらをご参照下さい。


UpCloudでのアカウントの作成

UpCloudのアカウントを持っていない場合、まずUpCloudのアカウントを作る。

無料クーポンがもらえるリンクを踏んでUpCloudにアクセス。
2019年2月現在25ドル(1ドル110円換算で2,750円分)分の利用権利を無料で貰う事が出来る。

Promo Codeが適用されている事が画面で確認できるので、それを確認してから
Username = 任意の英数字のログインID
Password
Email address
を入力して、Sign upボタンを押しましょう。

それだけでアカウントは作れますが、最初に$10のデポジットを入れるまでは、Free trial扱いなのでメールの送信等には制限があります。


サーバーを立ち上げる

ログイン

アカウントを作れたら管理画面にログインしてみましょう。
https://hub.upcloud.com/login
IDとパスワードを入れてログインします。


ログインした管理画面で出来る事

People > Add User: 管理画面へのアクセスを他の人に追加与える事も出来ます。
Network > Private Networks: 自分の管理サーバーしか使えないサブネットを作る事が出来ます。
Network > Floating IP: サーバーを作り直しても同じIPアドレスが使えます。
Servers > Deploy server: サーバーを追加できます。


サーバーの追加とその為の設定

ServersタブでDeploy serverボタンを押したら、希望のスペックになるように選択肢を選んでいきます。


データセンターの場所の選択

日本向けにサービスを提供する場合には、日本に近いシンガポールリージョンを選ぶのが良いかと思います。


プランの選択

自分の希望するスペックのプランを選びます。
なお、Flexible Planをクリックすると、スペックを自分の希望通りにカスタマイズできます。


ディスクストレージ量の設定

プランの容量では足りない場合には増やしてみましょう。
なお、Add a new deviceボタンを押すと、2020/02現在、7個までデバイス追加できます。
追加したデバイスではHDDという選択も出来ます(ちょっと安くなる/読み書き速度性能は落ちる)。


OSの選択

自分に必要なOSを選びます。
Linuxを使いたいと言う以外に特に何が良いかの考えがない場合には、CentOSの最新版を選んでおきましょう。


オプションの設定

デフォルトのままで問題ありませんが、IP6は使えるようにしておきましょう。


SSHキーの登録

立ち上げるサーバーに、sshでパスワードでは無くsshキーでログインできるように、自分のPCのsshキーを登録しましょう。
自分のPCでのsshキーの作り方が分からない場合には、サーバーを立ち上げた後の一般的な設定の冒頭部分をご参照下さい。


サーバー立ち上げ時に実行されるInitialization scriptの設定

サーバーを立ち上げる時に実行したい定番の処理があるのならば、ここにそのShellスクリプトを書いて保存する事で、実行させる事ができます。

ホスト名の設定

分かりやすいホスト名を設定しておきましょう。
そしてそこまで入力が終わってたら、「Deploy」ボタンをクリック


立ち上がったサーバーへのログイン

サーバーが立ち上がったら、IPアドレスをコピーして、ユーザーrootでログインする。


ssh -l root 178.128.118.89

これでサーバーにログインする事が出来ました。

なお、どうしても英語は難しいという方の場合、Chromeを使って、Google翻訳Pluginをインストールして、英語を日本ごに翻訳しながら操作して行くのもありかとは思います。




サーバーを立ち上げてからの設定方法

サーバーを立ち上げてからの設定はどのVPSでも大体共通なので以下の記事をご参照下さい。
サーバーを立ち上げた後の一般的な設定