VPS

Publicクラウドの条件

文章目的

レンタルサーバーもVPSもクラウドサービスですが、所謂Publicクラウドと言われるサービスとの境界線はどこにあるか。
それについて、自分なりに定義してみます。
Publicクラウドの比較一覧についてはPublicクラウド比較一覧表をご参照下さい。

Publicクラウドの条件

自分の考えるPublicクラウドサービスの基本は

①揮発性(サーバーを時間単位課金で作ってすぐ捨てる事が出来る)
②冗長性(一台サーバーが落ちてもサービスの継続が可能=ロードバランサー、ローカル接続等が必要になる)
③拡張性(データを維持したままのスペックアップが可能)
④自動化(最大限に人の手間をかけさせずにサービスが自律稼働出来る)

を満たすサービスになりますが、その具体的チェックポイントとして、以下のポイントを満たすサービスを、Publicクラウドサービスと定義します。

  1. 複数のデータセンターを日本の同一リージョン内で提供
  2. 複数のデータセンターのサーバにトラフィックを振り分けれるロードバランサーを提供してる
  3. SSL証明書をLBに載せることが出来る
  4. SSL証明書の自動更新サービス提供
  5. Object Storageが提供されてる
  6. 無停止スナップショットの取得と、スナップショットからのインスタンスの立ち上げが出来る
  7. DBAAS(Database As A Service)が提供されてる
  8. プライベートネットワークが利用可能
  9. SLAが99.9%以上
  10. LBとDNSの為のAPIが用意されている

PublicクラウドとVPSの境界線は曖昧になってきていますが、未だ大きく残っている差は、複数のデータセンターをまたいだ自動冗長システムを、サービス側の機能を利用して簡単に実現できるかどうかが、明確な差として残っていると言える状態かと思います。

上記条件を満たしてないが近しいPublicクラウドの状況

満たしていない部分はありますが、価格等は一般的にフルなサービスより安いので、許容出来る欠点ならば、採用候補になるかと思います。

ConoHaが満たしてない点
– 複数のデータセンターを日本の同一リージョン内で提供
– SSL証明書をLBに載せることが出来る
– SSL証明書の自動更新サービス提供
– 無停止スナップショットの取得と、スナップショットからのインスタンスの立ち上げ

DigitalOceanが満たしてない点
– 複数のデータセンターを日本の同一リージョン内で提供
– 複数のデータセンターのサーバにトラフィックを振り分けれるロードバランサーを提供

Linode
– 複数のデータセンターを日本の同一リージョン内で提供
– 複数のデータセンターのサーバにトラフィックを振り分けれるロードバランサーを提供
– SSL証明書の自動更新サービス提供
– DBAAS(Database As A Service)を提供

Oracle Cloud
– 複数のデータセンターを日本の同一リージョン内で提供
– SSL証明書の自動更新サービス提供

Vultr
– 複数のデータセンターを日本の同一リージョン内で提供
– 複数のデータセンターのサーバにトラフィックを振り分けれるロードバランサーを提供
– SSL証明書の自動更新サービス提供
– DBAAS(Database As A Service)を提供

上記条件を満たしているPublicクラウド

AWS, Azure, GCP, IBM Cloud

詳しくはPublicクラウド比較をご参照下さい。