各VPSの設定

Conoha VPSの登録/ログイン/設定

クーポンを活用して登録

初めて契約する人は、
クーポン経由で登録して、割引を受けて登録していく。

利用する自分の情報を入力していきます。

ソーシャルアカウントでのログインもできますが、必要な情報を入れてから、クレジットカードの登録をします。
因みにデビットカード系だと登録できませんでした。


アカウントを作った後のサーバーの追加方法

+サーバ追加

をクリックし、リージョンを選び(ユーザーがいる場所を考えて選びましょう。日本なら東京で問題ないはずです)、サービスタイプを選び(通常はVPS)、OSを選び、rootユーザーのパスワードを設定します。

Optionで設定できる項目の内、SSH Keyは設定しておいた方が良いでしょう。


SSHログインする為のIPアドレスをコピー

サーバリストのサーバー名をクリック

IPアドレスをコピーする



サーバーを立ち上げてから
の設定

サーバーを立ち上げてからの設定はどのVPSでも大体共通なので以下の記事をご参照下さい。

サーバーを立ち上げた後の一般的な設定(CentOSの場合)


各種指標での主要VPSプラン比較一覧
月額費用が安い順

自分の予算枠の中でベストなVPSを選ぶには

ランキングを見る
単一CPU性能(unixbench)が高い順

一つの処理をより早く終える事が出来ます

ランキングを見る
CPU性能合計(unixbench)が高い順

より多くの処理をその一台で行うことが出来ます

ランキングを見る
1円あたりのCPU性能合計が高い順

より多くの処理を行う費用対効果が高くなります

ランキングを見る
その他ネットワーク速度順、ディスク速度順等の指標での一覧も選ぶ事ができます(トップページからお選び下さい)。