各VPSの設定

Apache2.4系のインストール方法(Cent OS系の場合)

apacheのインストール

sudo yum install httpd;
sudo yum install httpd-devel;
sudo systemctl restart httpd.service;

/usr/sbin/httpd -v;

sudo systemctl enable httpd.service;

http://$IPアドレス/

にアクセスして作動を確認。

WordPressを使う場合

sudo sed -i -e 's/AllowOverride [Nn]one/AllowOverride All/g' /etc/httpd/conf/httpd.conf ;

後、httpd.conf内の

<Directory "/var/www/html">

のディレクトリが、対象ディレクトリを含むレベルに変更する必要がある。


ドメインの取得と割り当て

お名前.com、AWSなどと契約して、DNSレコード名に対してIPアドレスを割り当てる形で名前解決できるようにする。


無料でhttpsでアクセスできるようにする

Let’s encryptのクライアントをインストール

wget https://dl.eff.org/certbot-auto;
chmod a+x certbot-auto;
mv ./certbot-auto /usr/local/bin/;

割り当ててるドメインを-dで指定。

certbot-auto run --apache -d blog.minakoe.jp

なお、その後、-d … を増やす事で、HTTPSを使えるドメインを増やす事は出来るが、一番最初のドメインは変えてはいけない(そのドメインの設定ファイルを他ドメインも使う為)。

certbot-auto run --apache -d blog.minakoe.jp -d programminglang.com -d ja.programminglang.com

後、自動的に証明書が更新されるように、cronに設定する。

crontab -e

と打って

15 * * * * /usr/local/bin/certbot-auto renew -q --no-self-upgrade --post-hook "/usr/sbin/apachectl graceful";

といった行を追加する。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
<VirtualHost *:80>
ServerName blog.minakoe.jp
RewriteEngine on
RewriteRule ^ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [END,NE,R=permanent]
</VirtualHost>

Include /etc/httpd/conf/httpd-le-ssl.conf

SELinuxの無効化

WebサーバーからDBへのアクセスだけ許可するには、Webサーバー側で

setsebool -P httpd_can_network_connect_db 1

色々面倒なのでSELinuxの機能自体を無効化するには

setenforce 0;
vi /etc/selinux/config

して

SELINUX=disabled

各種指標での主要VPSプラン比較一覧
月額費用が安い順

自分の予算枠の中でベストなVPSを選ぶには

ランキングを見る
単一CPU性能(unixbench)が高い順

一つの処理をより早く終える事が出来ます

ランキングを見る
CPU性能合計(unixbench)が高い順

より多くの処理をその一台で行うことが出来ます

ランキングを見る
1円あたりのCPU性能合計が高い順

より多くの処理を行う費用対効果が高くなります

ランキングを見る
その他ネットワーク速度順、ディスク速度順等の指標での一覧も選ぶ事ができます(トップページからお選び下さい)。