VPSとは

自分のVPSの契約状況

VPSを使う事で、純粋なクラウド型サービスや専用サーバーよりもコストを抑えることができるので、プロジェクトのスタートアップ・個人で立ち上げるサービスとしては一番に検討するインフラになると思います。
なお、会社で使用する場合には、人件費の方が高かったりするので、インフラにお金を注いでも、自動化で人件費を下げられるクラウドの方のメリットは大きくなったりする事もあると思います。

自分は元々は単純に価格性能比で

さくら(ある程度サービスが成功したらクラウド・専用サーバーにスペックアップすることもあった)
お名前.com(ディスク容量+CPUが必要な場合に)

のVPSを使う事が多く、まだ使っていますが、段々揮発性・冗長性・拡張性といったクラウド寄りの機能の必要性が自分の用途で高まったのと、各VPSがVPSの要件を超えてクラウドの要件を満たすようになってきたので、最近は

Vultr(すぐ売り切れる1CPU/0.5GBメモリプランを2つ+2018/03時点で売り切れ中のストレージプラン1つ)
Conoha(mysqlを自前インスタンスで構築ではなくサービスとして利用)
Kagoya(価格性能比で最強コスパの2CPU/2GB中心。Wordpress案件等で使ってみている)

といったクラウド性能が完備したVPSから必要に応じてサービスを選ぶことが増えています。

[tailRanking]