VPS比較

新OS対応速度順

新OSへの対応が早いVPS順

CentOS 8が2019/9/24にリリースされましたが、2ヶ月経った今も、まだ対応していないVPSも多いです。
ここでは各VPSのCentOS 8への対応日を記録しておき、新OSへの各VPSの対応速度が分かるように記録しておきます。
新OSへの対応速度が早い=OSのアップデートにもアンテナを張っていて、対応リソースも確保してくれているVPSという事になり、スペックには現れませんがVPSとしての総合力が高いと考えられます。


※ メモリ・ディスク総量はGB / 1円当りメモリ・容量はMB / CPUスコアはUnixbenchで計測 (Unixbenchの説明はこちら) / Disk速度は書込速度(GB/秒) / 1ドル=110円で計算

並び替える(ランキング)
月額 / 単一CPU性能 / CPU性能計 / メモリ量 / Disk量 / 1円当りCPU性能計 / 1円当りメモリ量 / 1円当りDisk量 / ディスク速度 / SLA / 回線速度 / Object Storage/NFS / OS対応順

絞る(性能/特徴/料金解説)
全て / Amazon Lightsail / Conoha / DigitalOcean / GMO / Kagoya / Linode / Serversman / Vultr / WebArena / お名前 / さくら


対応済み

2019/09/24 CentOS 8リリース
2019/09/25 Linode
2019/10/03 Vultr
2019/10/09 ConoHa


カスタムインストール: 自分で0から設定の上インストールし直し可能

2019/10/01 さくら


未対応(2019/11/22時点)

AWS Lightsail
DigitalOcean
DTI
GMO
Kagoya
WebArena
お名前


CentOS7しか対応してないVPSの場合の補足

公式的にはCentOS 7から8へアップグレード手順は提供されないと発表されてますが、
https://www.tecmint.com/upgrade-centos-7-to-centos-8/
でアップグレードしてみたという記事書かれている方います(英語)。
必要な方は試してみて下さい。