VPS

レンタルサーバー/VPS/専用サーバー/Publicクラウドというホスティング形態の違い

ホスティングサービス形態の違い一覧表

レンタルサーバー&VPS&専用サーバー&Publicクラウド(=AWS/Azure/GCP等)の違いを一覧として紹介させて頂きます。

比較項目レンタルサーバVPS専用サーバPublicクラウド
向いてる用途非技術者又は
サーバ運用したくない人
安く利用したい人
サーバ運用技術あり
安く利用したい人
サーバ運用技術あり
高スペックサーバーが必要で初期費用のまとまったお金は払えるけど月額費用は抑えたい人
サーバ運用技術あり
費用かけても会社で絶対落とせないサービスを運用する人
具体的な用途個人Webページ
SLAが99.9%以上ならLanding Page用途も有り
一般的なWebサービス全般常時稼働型高計算処理
検索エンジン
大企業Webサービス
銀行システム
サーバ運用技術力なくても運用できるか?出来る出来ない出来ない出来ない
安いか?安い安い高い高い
課金の仕方は?月額が多い月額と時間制
(時間制増えてる)
基本月額基本時間制
初期費用は?無料が多い無料が多いそれなりにかかる無料
転送量課金の有無無し日本のVPSは無し
海外VPSは有るが無料枠大
無し基本有り(&結構かかる)
事前に月額費用確定できるか?出来る出来る出来る出来ない
サーバリソースを占有できるか?基本出来ないある程度可能完全に可能ある程度可能
サーバサービス以外の充実度会社により差が大きい会社により差が大きい基本無し会社により差が大きいが基本充実
サーバースペック上限CPU/メモリ占有型以外はそもそも共有利用なので、ディスク容量以外スペック上限にほぼ意味はない高い所が増えてる高い高い
障害時の対応レンサバ会社に完全お任せ
気になるのならSLA(サービス水準合意)が99.9%以上の所選ぼう
ある程度可能
(時間課金/LB提供/無停止Snapshot/自動復元が評価ポイント)
サーバー増減が簡単には出来ない為難しいより高度な技術力・知識・金銭が必要になるが、比較的容易に対応出来る機能が提供されてる
比較項目レンタルサーバVPS専用サーバPublicクラウド

各ホスティング提供形態の詳細説明

ホスティングサービスには以下の特徴が有ります。

レンタルサーバー1つのサーバをみんなでCPU/メモリ含めて共有する

[強み]
– 安い
– 技術者でなくてもWebサイト運営に使える
– 物理だけでなくOS部分迄含めインフラ管理からの完全開放

[弱み]
– 同居するユーザの使用状況によるサーバの不安定さ

[対象]
非技術者 又は インフラ迄担当する事に興味無い技術者

VPS少なくともCPU/メモリ/OS空間は占有

[強み]
– 安い
– OS空間・CPUコア・メモリ占有できる
– 揮発性・冗長性・拡張性のクラウド特性有る所も増えてる
– インフラ物理部分の管理から開放

[弱み]
– 専用サーバーと違いディスク読み書き・ネットワークIO部分迄は占有化されてない事が多い
– サーバー運用を自分で出来る技術力が必要

[対象]
技術者

専用サーバー提供されるサーバを「買って」(所有権は無く解約したら終了)、占有で利用する

[強み]
– 物理的に完全に占有で他者の影響を受けない
– 仮想化技術を使っていない事によるオーバーヘッド無しによる分の性能向上
– 高スペックサーバーとしては月額なら価格性能比は高い
– インフラ物理部分の管理からは開放

[弱み]
– 単体筐体で冗長性確保が難しい
– 月額最低金額が高い
– 初期費用が高額
– サーバー運用を自分で出来る技術力が必要

[対象]
技術者

Publicクラウドリクエスト数、ファイル読込等全てが従量制。サーバがない従量型サービスが充実

[強み]
– サービスの充実度
– 障害に強い冗長システムの構築の容易さ
– インフラ物理部分の管理からは開放

[弱み]
– 価格・設定の複雑さ
– 従量制の為月額料金を固定化出来ず、PJ計画時の予算化難易度が高い
– 従量制が故に間違えて無限ループバグ等を埋め込んだりするとクラウド破産する危険がある
– VPS/レンサバ/専用サーバに比べ単体サーバだけ見た時の価格対性能比の低さ
– 固有サービス使用時のベンダーロックイン(=乗換困難に)
– サーバー運用を自分で出来る技術力に加え、各クラウドベンダー固有の設定・機能の方の理解も必要に

[対象]
技術者

(オンプレミス)自分で買ったサーバーを、ラックに物理的に詰め込み&配線して利用する

[強み]
サーバーは自分で購買・調達する為、その選択肢に制限が無い。使用ラックスペース分課金であり、他ホスティング形態と違い、サーバーのスペックが高ければ高い程、月額も高額課金されるという事はない。

[弱み]
– サーバーは勿論、回線やルーター等ネットワーク機器も自前で用意必要
– サーバーの増設に他ホスティング形態に比べて時間がかかる
– 費用はサーバに対しては課金されないが、サーバー調達の初期費用、払うのなら月額サーバー保守契約費用、ラック利用料、電気料金、回線費用、そして維持する人件費がかかる
– 物理的な障害が発生した場合、自分で物理的なデーターセンターの場所に移動しないといけない
– サーバー調達&ラックへの詰込・設定&障害時の対応等で人手がかかる=結果的にはインフラ運用の人件費は一番かかる

[対象]
物理組み立て・配線も出来るガチのインフラエンジニア

なお、大まかな特徴は上記の様になりますが
・VPSの様にCPU/メモリ占有出来るレンタルサーバー (例: ConoHa Wing Reservedさくらのマネージドサーバー)
・クラウドの基本原則(揮発性・冗長性・拡張性)を満たすVPS (例: Amazon LightsailConoHaDigitalOceanKagoyaLinodeVultr)
の様に形態の違いを乗り越えてくる所も出てきており、双方の形態の強みを発揮してるケースもあります。


自分が運営してるとあるサービスのホスティングサービス変更の歴史

自分が運営するサービスの一つ、作品DB

レンタルサーバー

(利用者数が増えたのと自己運用出来る技術力が付いた為)

専用サーバー

(別サービスの検索エンジンをオンプレに構築した為)

オンプレミス

(VPSの性能・機能で十分対応できる状態になった為)

VPS

(使ってたVPS(KDDI)が新規受付停止して先行き不安に感じた為)

Publicクラウド

(ネットワーク帯域課金等思った以上の費用がかかる為)

VPS(現在移行作業中)

とインフラを移行しながら運営してきた歴史があります。


具体的なサービスプロバイダーの選び方

各提供形態のサービスを、選ぶにあたって注目すべきポイントで、並び替え・絞込みで選ぶ事で比較できる

  1. RentalServerHikaku.com (レンタルサーバー比較.com)
  2. VpsHikaku.com
  3. SenyouServerHikaku.com (専用サーバー比較.com)

を提供させて頂いているので、そちらの絞込み・並び替え機能をご活用頂いて、ニーズに合うサービスを探して下さい。

Publicクラウド選びには、上記サービスのように独立化させたサービスはまだ提供させて頂いておりませんが
VPSとPublicクラウドの違い&Publicクラウド一覧
をご参照下さい。