VPSとは

ベアメタルVPSとは?普通のVPSと何が違うか

ベアメタル型VPSは、普通のVPSと異なり、ハードウェアリソースを占有できるというのがメリットになります。

だったらそれって専用サーバーと何が違うの?となるかと思いますが、専用サーバーと違って、通常初期費用がない、契約したらすぐ使える&契約の解除もすぐ出来る、利用した分だけ課金されるVPSの課金モデルに従う、というところが利点になるかと思います。

CPUとメモリについてはそうはいっても割り当てられた分が使える限りそんなに差にはなりませんが
(CPU部分も絶対に保証される&どんなに使っても追い出される事はないという事を除いて)、
SSD・ネットワークといった読み書きデバイスの部分は共有している事により、他人の利用の影響を受け易い部分になるので、
それも廃したい場合&安定したIOを得たい場合に、とりわけ考えうる候補になるかと思います。

といってもSSD化されているところではディスクIOもそこまで他者の利用の影響も受けませんが。

ただ、物理サーバーと違い、あくまでVPSなので、初期費用無し&時間課金での利用が可能になったりします(これはVPS提供会社によりますが)。

なお、ベアメタル型VPSは、さくらの撤退により残念ながらここで取り上げている国内主要VPSで提供しているところは無くなりました。

まだ東京DCでは提供していませんが、Vultrで利用する事は可能です。
2018/12現在、シンガポール、アムステルダム、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、マイアミ、シリコンバレー(売り切れ中)で申込可能です。
なお、サポート掲示板での情報なのでどこまで正しいかは分かりませんが、現在している60%割引は今申込すれば将来もその割引率を継続できる模様です。


ベアメタル型VPSのUnixbench結果

CPUの性能合計(unixbench)が高いと処理出来る総和が大きいという事なので、より多くの処理を1つのサーバーで出来るようになります。

※ CPUスコアはUnixベンチという指標に基づいて出されています
※ Disk速度は1GBのファイルを生成するのにかかった秒数(小さい程速い)

順位 提供会社 注記 ↑CPU合計スコア 1円当り合計CPU
スコア
単一CPUスコア コア数 メモリ(GB) SSD 容量(GB) Disk速度 SLA 月額費用 初期費用


各種指標での主要VPSプラン比較一覧
月額費用が安い順

自分の予算枠の中でベストなVPSを選ぶには

ランキングを見る
単一CPU性能(unixbench)が高い順

一つの処理をより早く終える事が出来ます

ランキングを見る
CPU性能合計(unixbench)が高い順

より多くの処理をその一台で行うことが出来ます

ランキングを見る
1円あたりのCPU性能合計が高い順

より多くの処理を行う費用対効果が高くなります

ランキングを見る
その他ネットワーク速度順、ディスク速度順等の指標での一覧も選ぶ事ができます(トップページからお選び下さい)。