VPSとは

VPSとPublicクラウドの違い&Publicクラウド一覧&クラウド対応力順VPS一覧

VPSとAWS等Publicクラウドの違いは?

VPSも色々機能が増えるにつれ、AWS/Azure/GCPといったPublicクラウドービスとの違いとの垣根が微妙になってきていますが、元々一般的には以下のような違いがありました。

比較ポイントVPSクラウド注記 
値段安い高い国内クラウドサービスで3倍位、海外クラウドサービスで10倍位の値段差
価格の事前の計算固定可変例えばAWSではデータのIN/OUT量、GET数、ディスクIO等も計算要素になり複雑。大体の予測は出来るが確実に幾らかかるのかは予測が基本的に不可能
課金の単位時間・日・月時間VPSでも日(カゴヤ)や時間(AWS Lightsail、Conoha、DigitalOcean、Linode、Vultr)単位のも出てきている
APIの提供無/有VPSでもConoha、Digital Ocean、Linode、Vultr等は提供している
マシンのコピー設定(スナップショット機能)無/有VPSでもVultr、カゴヤ、Conoha、Webarenaでは利用可能
事前インストール各種ソフトセット無/有VPSでもConoha、Digital Ocean、Vultrではgitlab、redmine、wordpress等々色々追加されてきています。
プランの移動無/有VPSでもVultr等は上位プランへの途中変更が出来ます
LANによる複数台接続無/有VPSでもConoha、DigitalOcean、さくら、Linode、WebArena、Vultr等は出来るようになっています
SLA(サービス稼働率保証)無/有VPSでもGMO、Conohaとかは提供しています。WebArenaSuitePro、VultrはAWS等を上回る100%で提供しています
二段階認証によるWebコンソール画面の保護無/有VPSでもConoha、DigitalOcean、Vultrは対応しています

こうしてみてみると、昔はクラウド型サービスとVPSのサービスには明確な差がある感がありましたが、クラウド型サービスが実現している事をVPSでも段々出来るようになってきていて、機能としてはクラウドなのかVPSなのか、どちらとも言い難いとなってきているものもあります。

ただ、共通して言える事としては、価格としてはまだVPSの方が数倍(3-10倍以上)は安い&価格モデルが固定でシンプルで利益計算がし易く安全(Public Cloudで無限ループをサービス型で実現してしまうと高額課金による死亡事故が起きる)とは言えると思います。

なので
・レンタルサーバーでは得られない自由度・安定度を求め
・Publicクラウドでは得られない価格の安さ・固定を欲しい
場合に、VPSを選ぶという事になるかと思います。

なお、何れにせよ適材適所なので、トラフィックが全然来ない/もしくはたまに利用できなくなる位は問題ない所にはレンタルサーバーを、ある程度のトラフィックが望める所にはVPSを、VPSでは提供されてないPublicクラウド機能の活用にはPublicクラウドを、と適切に組み合わせて使うのもありな選択になります。


Pulbicクラウド一覧

ここで紹介させて頂くPublic Cloudは全て日本国内にデータセンターを持っているPublicクラウドサービスになります。


AWS

https://aws.amazon.com/jp/
機能の充実度から、Publicクラウドでは利用者数的に一番手となるサービスになっています。


Alibaba Cloud

https://jp.alibabacloud.com/
中国のPublicクラウドサービスですが、日本にもDCを持っています。
グローバルの中でも中国は異質。
中国でも使えるインフラを持とうと考えうると、Alibaba Cloudは利用を考える対象になります。


Azure

https://azure.microsoft.com/ja-jp/
Windows環境はまだ会社には不可欠。
という事でAzureもPublicクラウドとして存在感があります。


GMO ALTUS

https://altus.gmocloud.com/
日本のクラウドなので、ネットワーク転送量課金がされないのが特徴。
AWSの転送量料金に悩まされる場合とかに、有力な候補になるかと思います。


Google Cloud Services

https://cloud.google.com/
Big Query等、大規模データ・解析向けインフラが人気です。


IBM Cloud

https://www.ibm.com/jp-ja/cloud
IBMが提供するクラウド


IDCF Cloud

https://www.idcf.jp/cloud/
データ消失等、色々やらかしてきた経緯があって有名なICDFですが、もうそんな事は起きないと思う…よね?


Oracle Cloud

https://www.oracle.com/jp/cloud/
無料枠が嬉しいOracle Cloud


Packet

https://www.packet.com/
ベアメタルサーバーに強みがあるクラウド


さくらのクラウド

https://cloud.sakura.ad.jp/
さくらのVPSや専用サーバーと組み合わせて使うのに便利というのはありますが、やはり日本ならではの転送量課金が無い事は大きい。
AWSの転送量料金に悩まされる場合とかに、有力な候補になるかと思います。


ニフクラ

https://pfs.nifcloud.com/
Niftyが提供するクラウドサービス。
99.99%のSLA(品質保証制度)やHA(自動フェイルオーバー)の標準実装といった、信頼性の高さをPRしている。


クラウド対応力順VPS

VPSの最低要件は、単体のサーバーを提供する事です。
そこからプラスアルファを追加していく部分が、所謂Publicクラウドの提供している部分になりますが、Publicクラウドにより近い機能を提供出来てる順にVPSを並び替えると以下のようになるかと思います。

DigitalOcean時間課金X99.99%
ConoHa時間課金X99.99%
AWS Lightsail時間課金X99.99%
Linode時間課金X99.9%
Vultr時間課金XXX100%
Kagoya日課金XXXXXX0%
WebArena SuitePro月課金XXXXX100%
さくらのVPS月課金XXXXX0%
WebArena Indigo時間課金XXXXXX0%X

機能面で見ると、時間課金に迄レベルが進み、管理画面も精錬されている
AWS Lightsail
ConoHa
DigitalOcean
Linode
Vultr
は、最早Publicクラウドの一種と言えるレベルでしょう。

コスパ性能等ではそれ以外のVPSにより良いのがあったりもしますが、CPU等のスペックには出てこない、各VPSの力量差として認識しておきましょう。


その他関連記事

VPSとレンタルサーバーの違い
VPSと専用サーバーの違い
占有型とベアメタル型と普通のVPSの違い